Moving to Higher Ground - How Jazz can Change your Life を読む

Random House Trade Paperback "Moving to Higher Ground" を読んでゆきます(語句・文法解説付き)

ランラン「『聞いてくれ!』と思ったらダメ」(interview script)

中国のピアニストランランの、2013年のテレビインタビューから私が聴き取ったものです。Arizona Horizon で検索してみてください 

 

NHK大河ドラマおんな城主直虎メインテーマピアノソロハービー・ハンコックとの共演古くは北京オリンピック開会式でメディアに登場、今や世界中の人気者です。 

 

情熱的な弾き方は賛否が別れています。今回インタビューの前半では、そのことについて語られています。 

 

文中のkind of は、日本語では「っていうか/みたいなぁ」、you knowは「えっと/ね?」に相当する間投詞です。 

 

*************************************** 

 

Ted Simons: Good to see you here, thanks for joining us. 

司会ようこそいらっしゃいました 

 

Lang Lang: Thank you, Ted. 

ランランありがとうございますテッドさん 

 

T: I mean, you are, you are a big deal on a classical music. Before we get to all that business, though, (have) you been to Arizona before? 

司会今やクラシック音楽を代表する超有名人です。さて本題に入る前にですが、アリゾナ州へはおいでになったことはありますか? 

 

L: Yes, it's actually my sixth time in a... 

ランええ実は今回6回目の・・・ 

 

T: Sixth time! What do you think? 

司会6回目ですかアリゾナ州いかがですか 

 

L: It's very nice and hot! (laughing) 

ラン:とてもいいところですし暑いですね(笑) 

 

 T: (laughing) OK. Have you had a chance to kind of see the scenery much? And I wonder about concert artists and such. Do you just kind of go to a town and stay in the hotel, and perform and go back to the hotel? How much do you get around? 

司会:(笑)なるほど。 ところで観光する機会はありましたか?演奏家の皆さんってどうなんでしょう?現地に入ってホテルに詰めて、本番やってまたホテル、なんて感じなんでしょうか?街に出れたりしてますか? 

 

L: I remember my first time being here was 2001, and, uh... I still remember I came with my father. And it was .... We were prepared a Chinese box before the concert and we take out from the freeze, so it's a bit cold. So we put it on the street. So five minutes later we had a very nice dinner. 

ラン:最初にここへ来たのは、2001年、その時は父が一緒でした。本番前に中華弁当を用意していただいてましたね。冷蔵ボックスから出したのでちょっと冷たかったのですが、道端に置いておいたら、5分でとっても美味しく温まっていましたね。 

 

T: There you go! It's boiling the egg on the... frying the egg on the side walk here. 

司会:そうなんですよ!ここアリゾナ州では、暑くて、歩道でゆで卵…じゃなかった目玉焼きが作れるくらいですからね。 

 

T: I got to ask you before I get you what you're doing now. I want to know about... because you were a prodigy. You started very young but you started.... you were inspired by a cartoon, a “Tom and Jerry” cartoon? Talk to us about that. 

さて現在のご活躍の様子をうかがう前に、まずはですね、とにかく天才ピアニストさんですのでね。ピアノを始められたのは随分小さい頃だったそうですね。ただ始めたときは…なにかアニメでしたっけ、「トムとジェリー」ですか?まずそのことからうかがいましょう。 

 

L: So I was two years and a half. And my parents bought me the piano, but that's already when I was one year old. 

ラン2歳半のときですね両親がピアノを僕に買ってくれて… あ、それは1歳の時のことです。 

 

T: Wow! 

司会1歳で 

 

L: So I was watching one of my favorite cartoons, uh,... “Tom and Jerry,” and, as you know, there's an episode called “The Cat Concerto.” So Tom, you know, with tuxedo, nice tie, and start playing the piano. And that was my first inspiration. 

ラン:僕が好きだったアニメの一つにトムとジェリー」がありまして御存知の通りその中に「キャット・コンサート」っていう話があるんです。トムがですね、タキシードを着て、カッコいい蝶ネクタイをして、ピアノを演奏し始めるわけですよ。それが取っ掛かりです。 

 

I had a look at the big concert grand piano, and I looked at my little upright piano. And (thought) “Oh, that's the father and that's the son.” So I start(ed) playing. Those (were) my try-out. 

テレビには大きな演奏会用のグランドピアノが映っていて、そしてふと、部屋にあった小さなアップライトのピアノを見たんです。そして「ああ、こっちがお父さんピアノで、あっちが赤ちゃんピアノか」って思ったんです。それでピアノをやってみようと思ったんです。 

 

T: Was it something that... How old were you when you felt the .... I mean, because the kids are kids, and adults kind of feel the music differently. But when did you feel that music as part of you? 

司会ということはお幾つだったんですかそのつまりですね子供時代と大人になってからでは音楽に対する感じ方も変わってくるでしょうからね、その、自分は音楽でやっていこうと思ったのはお幾つのときですか? 

 

L: I would say when I performed frist time. I was five years old. 

ラン:初めて舞台で弾いたときですね。5歳でした。 

 

T: Five years old? 

司会:5歳ですか? 

 

L: Yeah. And I played Chopin's “Minute Waltz.” And I thought that was such a beautiful music, and also, you know, the stage light, like now, it's warm, and, uh .... also after playing, I got a flower from a little girl. I thought that was cool. 

ラン:ええ、その時はショパンの「子犬のワルツ」を弾きました。その時思ったのは、この曲きれいだな、とか、ステージの照明が温かいな、とか、あとは… そう、演奏が終わったときに女の子から花をもらって、こりゃいいやって思いましたね。 

 

T: Five years already! When you start(ed) so young, and you're good so young, and people are watching you. Didn't you feel pressure at all? 

司会:5歳でね!そんなに小さい頃からピアノをはじめて、皆が見ている中で、プレッシャーとか感じませんでした? 

 

L: Well, I mean, I must say it was not always, you know, very lucky. When I was seven I joined a competition, in which I actually got lost. So I was right, num, num, num, even number seven. So I got a consolation prize, a little toy. But I think that was actually what encouraged me the most for so many years. So I think sometimes when you are NOT so good, it actually makes you try to work harder. 

ラン:そうですね、何ていうか、僕はこれまで決して運に恵まれていたわけではないです。7歳のときにコンクールに出て、そこではダメだったんですよ。えーっと、結局7番目だったですね。残念賞に小さなおもちゃをもらいましよ。ただお陰でその後長い間それはかなり気持ちのバネになりましたね。だから思うんですけど、時には良くない時ってありますけれど、それは実際は自分の心を駆り立てて、もっと頑張ろう!という気にさせてくれますよね。 

 

T: Interesting! And you did work harder, and you did obviously move up in terms. Again, it seems though you connect with the audience in ways that might be a little different than other artists. Talk to... Do you feel it.... Do you feel it when you are connecting with the audience? 

司会:興味深いお話ですね。実際あなたはその後頑張って、実際一流になったわけですからね。さて、あなたが聴衆に音楽を訴えかけるやり方というのが、他の演奏家とはちょっと違うように感じるんですけれど、どうなんでしょう、あなたはそれを演奏中感じておられますか? 

 

L: I would say no matter whether you are a pop star, whether you are a jazz musician, or you are a classical musician, in the end we need to get moved by the music. and we need to be totally connected with our heart and our soul to the composition that we are playing. 

ラン:そうですね、アイドル歌手でも、ジャズミュージシャンでも、それからクラシックの演奏家もそうですが、結局は自分が音楽に感動できないと、じゃないでしょうかね。それだからこそ、自分が演奏している作品に心も魂も繋がっていくと思うんですよね。 

And sometimes I felt that you're going to a concert, everything was very perfect, but somehow the soul, the heart, is not there. And I think it's very important when audience or musicians listen to another performance, what they like to hear is your sincere, your sincerity. And that, you know, the totally concentrated bridge between your heart and the keyboard. 

それから、時々演奏会に行って思うんですけれど、何もかもが完璧なのに、何だか魂や心がそこにない、って感じることがあります。あと、聴衆の方も、あるいは演奏家が他の演奏家の演奏を聴く時も、音楽を聞く時は、演奏家の心からの真心を聞きたいんだと思うんですよ。それがわかってはじめて、自分の心と楽器との間に、完全に橋がかかるんです。 

 

T: When you have your heart and your keyboard bridged like that, how do you know there's another bridge going out to the audience? How do you know they are with you? 

司会:自分の心と楽器との間に橋がかかったとしてですよ、もう一つ、自分と聴衆との間に橋がかかったかどうかは、どうやったら分かるものなんですか?聴衆が自分についてきているって、どうやったら分かるものなんですか? 

 

L: I actually, you know, the thing is when you start thinking about that, then it becomes artificial. If you like. “Hey! Look at me! Look at me!”... you know, that is not good. You need to be totally sincere. So the thing is when you are moved by the music yourself, then you have a chance to move to other people. 

ラン:実際にですね、それを意識してしまったら、あざとくなるものです。「さあ、僕を見てくれ!僕を見てくれ!」っていうのは、あまり良くないですね。完全に邪念を捨てないといけません。自分が音楽に感動して、はじめて他の人に感動してもらえるんです。 

 

T: It's interesting you mention that, because some critics of your style say you're too flamboyant, you're too showy. Is .... first of all, respond to that, what is the difference between having a flair and having that connection, and being too showy? 

司会:あなたの口からそれが聞けて嬉しいですね。というのも、評論家の中には、あなたがケバケバしいとか、わざとらしいとかいう人もいるんですよ。その…まずお聞きしたいのはですね、才能があって、そして先程から話されている「橋がかかる」、ということと、わざとらしさ、この二つの違いは何だと思いますか? 

 

L: I mean there are a lot of different kind of repertoire. I mean, tomorrow we will play a very virtuosic piece, Prokofiev's third piano concerto. And that is absolutely, you know, you need to be, you know, not to show off but to give all your abilities, you know, to take it out. 

ラン:楽曲には様々な種類があるということです。そうですね、明日演奏するのはかなり技術的にすごい曲で、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番ですが、これなんかは完全に、その、やるべきことっていうのはですね、自分の技術をひけらかすのではなくて、自分の技術をすべて出し切ること。そうでないとこの曲は弾ききれません。 

But sometimes when you play really incredible music by Beethoven, like, slow movement, adagio, you know, or by Brahms, and that time everything becomes to heart, the intellectual power rather than, you know, the technique part. It depends on the pieces. Almost like a great actor. You need to be capable in ... uh... playing different roles. 

でも時には、ベートーヴェンのゆっくりな楽曲、アダージョだの、ブラームスの作品だの、本当にすごい作品を弾く時は、全て心の問題、つまり、小手先の技術というよりは知性感性が物を言います。だから楽曲によるっていうわけですよ。優秀な俳優さんのように、ですね、色んな役を演じられなければならないわけです。 

 

T: Do you find yourself as you age, handling that differently? Are you different now than you're ten years ago in terms of that persona on stage? 

司会:いまおっしゃったことは、あなたが歳を重ねるにつれて取り組み方が変わってきていると思いますか?舞台上でのあなたの「顔」は、10年前と今とでは変わったと思いますか? 

 

L: It's a little bit easier to calm down a bit when you're getting a certain level of playing, a certain maturity. But I mean the freshness of what you call the instincts shouldn't change because, if your instinct changes, then it's not good. 

ラン:一定の演奏レベル、一定の成熟度になってからは、心を冷静に保つことは、少しは楽にできるようになりましたかね。でも、いわゆる燃えるような思いというものは、常に新鮮でなければなりません。それが変わってしまうのは良いことだとは思いません。 

 

 

次回はインタビューの後半、北京オリンピックの思い出や、中国人として自分はどうあるべきかについて語ります。