Keith Jarrett A Biography (English edition)を読む

ピアノの二刀流、キース・ジャレットの伝記(2020年7月英語版)を読んでゆきます。

Keith Jarrett 伝記(英語版)謝辞

Acknowledgements 

謝辞 

 

I would like once more to take this opportunity to express my thanks to the publisher Rowohlt Berlin, to Manfred Eicher and the entire ECM team, as well as to Wolfram Knauer of the Jazz-Institut, Darmstadt, who have contributed to the realization of this biography in many different ways. Writing is also made easier when the writer feels comfortable with his publisher and receives support from those in close contact with the person whose life and work are the central theme of the book. 

ベルリンのRowohlt社、およびマンフレート・アイヒャー様とECMレコード社御一同様、そして今回各多方面から本伝記出版の実現にお力をいただきました、ダルムシュタット・ジャズ研究所のウォルフラム・クナウアー様に、改めましてこの機会に御礼申し上げます。また、今回執筆がスムーズに進みましたことは、筆者が出版社様ならびに、今回は特に登場人物の生活や業績にかかることから、その人物と親しい方のお力添えをいただけたことで、後顧の憂い無き環境に恵まれたことによります。 

 

In addition, the present, substantially extended, English edition of this biography benefited from two extraordinary strokes of good fortune which no author would usually reckon with. After reading the German edition, Chris Jarrett, the youngest of Keith's four brothers ― who had also shared important information about the origins of the Jarrett family for the original publication, has been living in Germany since 1985 and speaks excellent German ― spontaneously offered to translate this biography of his brother into English. One can only describe his engagement as double luck. On the one hand, he is, of course, well-informed about the life of his brother. On the other hand (and this is even more significant for this book), he is an expert in musical matters. As a pianist, composer and organist, his command of the musical terminology and the vocabulary needed to translate texts about musical processes not necessarily easy for a translator to comprehend, can be seen as a great asset to this edition.   

更に今回の本伝記の英語版は、オリジナルのドイツ語版よりも内容が豊富になりましたが恐らくどんな作家も予想し得ないでありましょう、2つの大きな幸運に恵まれたからなのです。クリス・ジャレットさんはキースに4人いる兄弟の末の方で、この方には既にオリジナル版執筆に際してジャレット家の起源に係る重要な情報をシェアさせて頂いていたのですが、1985年以来ドイツにお住まいで、ドイツ語も堪能。今回ドイツ語版を読んでくださった後、お兄様のためにと、英語版作成のお申し出をくださったのです。クリスさんの今回のお申し出は、二重の幸運です。一つは、言うまでもなく、クリスさんがお兄様のこれまでの人生の歩みについて精通されておられること。もう一つは(そしてこれこそが肝ですが)、クリスさんが専門の音楽家でいらっしゃることです。通常翻訳家にとっては容易にとは行かない、音楽制作にかかる専門用語・語彙の翻訳について、クリスさんがピアニスト、作曲家、そしてオルガニストであることが、本書にとってこれ以上無い戦力となっていることが、本書をお読みいただきますとよく分かります。 

 

Beyond this, I am extremely thankful for Alyn Shipton's work as editor. As a renowned jazz-writer and alert editor with many years  of experience, he (and this should not be taken for granted) has contributed significantly towards achieving the best possible presentation of this book in terms of both form and content. 

更に私が心から感謝申し上げたいのが、編集の労をとってくださった、アリン・シプトンさんです。経験豊富な名ジャズライターであり、「鷹の目」をもつ編集者でもあります。アリンさんのお力添えにより、本書が文章表現・内容ともにベストを尽くした形で日の目を見ることになったことは、まさに望外の喜びというほかありません。